「認識が甘かった…」33歳消防士長が副業『YouTubeでゲーム実況』で懲戒処分

視聴回数2,831,227

※ 視聴回数について
(c) Mainichi Broadcasting System, Inc.

MBSニュース

副業として「ゲーム実況動画」をYouTubeに投稿して100万円以上の収益を得ていた消防士が処分されました。
 地方公務員法違反で減給10分の1・1か月の懲戒処分を受けたのは和歌山北消防署に勤務する33歳の消防士長です。和歌山市消防局によりますと、消防士長は2020年12月~2021年10月までの間にYouTubeに動画を投稿して、約115万円の広告収入を得ていたということです。
 消防士長のYouTubeチャンネルには、いわゆる「ゲーム実況動画」が314本投稿されていて、再生回数はのべ227万回に上るということです。
 2021年10月に「消防士がYouTubeで副業をしている」と和歌山市に匿名で通報があり問題が発覚。消防士長は聞き取りに対して「副業に当たらないと思った」「認識が甘かった」などと話しているということです。