勝地涼「俺だけ浅くない⁉︎」北村匠海のまさかのメッセージにツッコミ!

視聴回数1,519,548

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

映画『アンダードッグ』の舞台あいさつが東京国際映画祭で行われ、森山未來、勝地涼、武正晴監督が登壇。イベントでは北村匠海による音声メッセージも流れ、キャスト陣の仲の良さが垣間見れた。
〜見どころ〜
『百円の恋』や『嘘八百』シリーズなどの武正晴監督がメガホンを取り、『オルジャスの白い馬』などの森山未來が主演を務めたドラマ。かませ犬としてもがいてきた主人公、若手のボクサー、芸人ボクサーが、プライドを懸けてリングに上がる。武監督のほか脚本家の足立紳ら『百円の恋』のスタッフが参加した。主人公のライバルに、『とんかつDJアゲ太郎』などの北村匠海とドラマ「“くたばれ”坊っちゃん」などの勝地涼がふんする。
〜あらすじ〜
7年前にボクシングの日本タイトルマッチで敗れた末永晃(森山未來)は、デリバリーヘルスの運転手として働きながら、かませ犬としてリングに立ち続けていたが、妻の佳子(水川あさみ)と息子の太郎(市川陽夏)は家を出ていってしまう。落ちぶれた晃は、お笑い芸人の宮木瞬(勝地涼)とテレビ番組の企画で対戦することになる。ボクシングをやったことがない瞬は、芸能界引退を懸けて試合に臨む。
映画情報:【前編】https://www.cinematoday.jp/movie/T0025059
公式サイト:https://underdog-movie.jp/
(C) 2020「アンダードッグ」製作委員会