土屋太鳳、田中圭は「アボカド俳優」!?

視聴回数98,804

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

女優の土屋太鳳と俳優の田中圭が5日、都内で行われた映画『哀愁しんでれら』の初日舞台あいさつに出席、土屋は共演者の田中について「アボカド俳優」と独特な表現で印象を語った。
一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失ってしまった平凡な女性・小春(土屋)が、裕福な開業医・大悟(田中)との結婚で幸せをつかむも、やがて思わぬ事態に陥っていくさまをサスペンスフルに描く本作。初日舞台あいさつには土屋、田中のほか、共演者のCOCO、本作のメガホンを取った渡部亮平監督も登壇した。
土屋は運命に翻弄されるヒロインの小春に対し、この日は「どうにか小春を幸せにできないかと思い、白を選びました」とゴージャスな白のドレス姿で登場。小春を演じるにあたっては「大悟を誰が演じるかも重要だった」といい、田中と聞かされた時は「(作品の)イメージが見え、小春を身近に感じられるようになった」と明かした。
さらに、田中の印象を聞かれた土屋は「圭さんは表も裏もない。ありのままが服を着て歩いてくるという感じの人。ステキで、心の温かい人。アボカドみたい。外は柔らかいけど中はハードボイルドなアボカド俳優」とユーモアを交えて田中を紹介。
対する田中は、土屋の印象について「知っている人もいると思うんですけど、(土屋は)ストレッチばか。現場でもずっとストレッチしている」と撮影中の土屋の様子を紹介。「(ストレッチだけでなく)気付くと監督の肩を揉んでいたり、ある時は僕の肩も揉んでくれたり。さすがにずっとストレッチしているだけあるなって」と土屋の肩もみの技術に感心したというが、「でもある時、逆に僕が揉んであげたら、太鳳ちゃんの肩はガッチガッチで。なんのためにストレッチしていたの? って思った」というエピソードをジョークを交えて披露した。
また、2月3日に26歳の誕生日を迎えたばかりの土屋のためにガラスの靴がのった花のケーキが用意され、登壇者全員で誕生日を祝福する一幕も。田中は「誕生日おめでとう。太鳳ちゃんはずっとこのままで成長してほしい。来年も再来年も今のままで」とメッセージ。「昔から知っているので、いい人生送っているんだろうなって。土屋太鳳の木にはいっぱい実もなっている。このまま土屋太鳳のままでいてほしい。太鳳ちゃんの周りでいっぱい良いことがありますように」とエールを送った。
土屋もこれに「嬉しいですよね」と笑顔を見せつつ、「実から花を一枚一枚開かせていくような存在になりたい。ここに立てているのは支えてくれた家族や友人や皆さんのおかげ。1日1日を大切にしていきたい」と話していた。
〜見どころ〜
『累 -かさね-』『春待つ僕ら』などの土屋太鳳主演のサスペンス。不幸のどん底にたたき落されるも開業医との結婚で幸せをつかんだはずの女性が、思わぬ事態に陥っていく。監督は『かしこい狗は、吠えずに笑う』などの渡部亮平。『おっさんずラブ』シリーズや『mellow メロウ』などの田中圭らが出演する。
〜あらすじ〜
児童相談所で働き、平凡な毎日を送っていた小春(土屋太鳳)。だが、祖父が倒れて車で病院に向かうも事故に遭遇し、父親が飲酒運転で連行されてしまう。さらに、自転車屋を営んでいた自宅は火事になって廃業になった上に、恋人が自分の同僚と浮気している現場を目にしてしまう。全てを失って打ちひしがれる中、離婚歴がある裕福な開業医・大悟(田中圭)と出会う。8歳になる彼の娘ヒカリと打ち解け、彼からプロポーズされた小春は結婚し、一気に幸せの頂点に立つ。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025447
公式サイト:http://aishu-cinderella.com/
(C) 2021 『哀愁しんでれら』製作委員会