岩田剛典、達筆を披露!新田真剣佑も驚き「すごいかっこいい…」

視聴回数1,202,547

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

岩田剛典が19日、神田明神境内で行われた映画『名も無き世界のエンドロール』“縁結び”大ヒット祈願イベントに新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督とともに出席。岩田が祈祷に込めた思いを「絆」という漢字一字に記し、新田は岩田の書を「ものすごく上手です」と絶賛していた。
本作は、第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、映画『ストロベリーナイト』シリーズの佐藤監督が映画化。親のいない幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)が、10年もの歳月をかけて、表と裏の世界でのし上がっていく姿を描く。
映画のテーマが、大切な人との“絆”であることにちなみ行われた“縁結び”イベント。岩田らはヒットを祈り、込めた思いを漢字一文字で表す。ダイナミックな「絆」の文字に、新田は「ものすごくかっこいい。書を習われているようなうまさ。素晴らしい」と絶賛すると、佐藤監督も「岩ちゃんはナイーブな男なので、繊細な字を書くと思っていたら、男らしい太い字でびっくりしました」と驚いた表情を見せる。
撮影でもチームワークは抜群だったようで、しっかりと“絆”が深まったそう。岩田は幼なじみ役だった新田に対して「年齢が離れているなか、幼なじみという役だったので、どうやってコミュニケーションを取ったらいいのか考えていたのですが、マッケンがとても人懐っこくて、初日から意気投合してスムーズに撮影が進められました」と感謝を述べると、新田も「(岩田は)テレビで観ていた王子さまそのままでした。お話しさせていただくにつれ、すごくお兄ちゃんのような存在に感じました」と相性抜群だったことを明かす。
名も無き世界のエンドロール
コロナ禍で人と人とのコミュニケーションが取りづらくなってきている昨今。自粛期間中に感じた人との絆について、岩田は「久しぶりに連絡を取る友達が増えました」と振り返り、中学校時代の同級生とオンラインで同窓会を開いたエピソードを披露。見た目などは大きく変わった人もいたそうだが「会話になるとすぐに中学生のときの関係性になる。年を取っても変わらないんだなと感じました」と強い絆を感じたようだ。
愛や命の大切さ、絆が描かれた作品の公開がいよいよ近づいてきた。岩田は「作品の内容的にプロモーションするのが非常に難しい映画でしたが、頭のなかを空っぽにして映画館に来ていただければ、いろいろなことが体感できると思います」と思いを語っていた。
〜見どころ〜
第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の「名も無き世界のエンドロール」を原作にしたサスペンス。表と裏の社会でのし上がった幼なじみの青年たちの運命が描かれる。監督は『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市。『去年の冬、きみと別れ』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』などの岩田剛典、『OVER DRIVE』『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑らが出演する。
〜あらすじ〜
共に親のいない幼なじみのキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)は、自分たちと同じ境遇にある転校生ヨッチも交えて支え合いながら成長していく。だが、20歳になったときに直面した事件が原因で彼らの人生は大きく狂ってしまう。その後、キダは裏の社会で殺人もいとわない交渉屋として暗躍し、マコトは彼の力を借りながら表の社会で貿易会社社長として成功をつかむ。やがて2人は、10年もの歳月を費やして立てた計画を遂行する。
劇場公開:2021年1月29日
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025358
公式サイト:http://www.namonaki.jp/
(C) 行成薫/集英社 (C) 映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会