吉野北人、神尾楓珠の「キスするぞ」がお気に入りのセリフ!映画『私がモテてどうすんだ』私モテ感謝Dayイベント

視聴回数780,753

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が30日、丸の内ピカデリーで行われた映画『私がモテてどうすんだ』私モテ感謝Dayの舞台あいさつに登場し、共演した神尾楓珠の「キスするぞ」という甘々なセリフにときめいたことを明かした。この日は吉野と神尾のほか、山口乃々華(E-girls)、富田望生、伊藤あさひ、平沼紀久監督も来場した。
 アニメ化もされた人気コミックを実写映画化した本作は、アニメやボーイズラブ好きのオタク女子高校生が突然美女に変身したことをきっかけに、校内のイケメン4人にモテまくるさまを描くラブコメディー。この日の舞台あいさつは座席を通常の半数に削減し、マスク着用などの感染拡大予防対策を徹底した上で一般の観客も来場する形で実施。登壇したキャストたちは感謝の思いを伝えるべく、観客の質問を受け付けるティーチイン形式でトークを行った。
 主演を務めた吉野が「映画は楽しんでいただけましたか?」と観客に尋ねると、飛沫感染防止のため、歓声の代わりに拍手で応える観客たち。吉野は「今日は久々にみなさんの前で緊張していますが、よろしくお願いします」と呼びかけた。続いて神尾は「(拍手という形での)すごい歓声ですね」としみじみ。
 7月10日の公開からおよそ半月が過ぎ、周囲の反応について尋ねられた吉野は「両親から観たよと連絡を受けて、めちゃめちゃ笑ったと聞いて、お母さん世代でも幅広い世代で楽しめる作品だなんだな、と改めて思いました。嬉しかったです」と語る。山口も「私はおばあちゃんから、のんちゃん(山口)が画面に映っていて泣いたよ、と電話で聞いて、私も感動しました」と笑みを浮かべた。
 その後、観客からの「好きなセリフは?」という質問に、吉野は「僕は(神尾が演じる)五十嵐の『キスするぞ』ですね。真っすぐな目で言われたら心臓が出ちゃいそう。番組の宣伝で『甘いセリフを言ってください』と言われたことがあって、自分のセリフじゃないのに使わせていただきました」と返答。それを聞いた神尾は「悔しいなぁ。北ちゃん(吉野)がやったらカッコいいに決まっているじゃん」と嘆くと、吉野ファンと思しき観客から拍手が起こった。
 最後に、吉野は「みなさんの不安や我慢している気持ちが明るくなる作品だと思っているので、そういう気持ちになっていただけたらな、と思っています。明るい未来のために、ポジティブに前向きに、これからも一緒に頑張っていきましょうということで、みなさま、お手を拝借」と呼びかけ。観客全員で歓声の代わりの一本締めでイベントを締めくくった。
〜見どころ〜
「別冊フレンド」で連載され第40回講談社漫画賞・少女部門を受賞し、2016年にテレビアニメ化もされた人気コミックを実写映画化。アニメやボーイズラブ好きのオタク女子高校生が突然美女に変身したことをきっかけに、校内のスーパーイケメン4人にモテまくり葛藤するさまを描く。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の吉野北人が映画初主演を果たし、変身前後のヒロインをドラマ「ブスの瞳に恋してる2019 The Voice」などの富田望生とE-girlsの山口乃々華が二人一役で演じる。『HiGH&LOW』シリーズなどに携わってきた平沼紀久がメガホンを取った。
〜あらすじ〜
女子高生の芹沼花依(富田望生)は、アニメのキャラクターやクラスのイケメンのボーイズラブを妄想するのが大好きな腐女子。ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで寝込み1週間ぶりに鏡を見ると、激ヤセし誰もが振り向く美人に変身していた。そんな花依(山口乃々華)に六見遊馬(吉野北人)、五十嵐祐輔(神尾楓珠)、七島希(伊藤あさひ)、四ノ宮隼人(奥野壮)のイケメン4人が猛アプローチを仕掛けてくるが……。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024942
公式サイト:http://movies.shochiku.co.jp/eiga_watamote
(C) 2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会 (C) ぢゅん子/講談社