横山だいすけが「ぼよよん行進曲」を生歌唱!

視聴回数2,877,948

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

俳優の小池徹平が23日、都内で行われた『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』プレミア上映会に来場。2児の父である小池は、普段から観ている「おかあさんといっしょ」の世界に参加した喜びを語った。この日は11代目歌のお兄さんの横山だいすけ、人気キャラクター・スキッパーの声を務める西川貴教も来場した。
人気子ども番組「おかあさんといっしょ」の劇場版となる本作は、いつも仲良しなお兄さんお姉さんたちがケンカをしてバラバラになり、いろいろなヘンテコ世界に飛ばされて大ピンチになるさまを描き出す参加型ファミリー映画。
大勢の子どもたちが集まった客席を前にした横山は、「本当にうれしいです」と笑顔をこぼすと、「今回はヘンテコさんというキャラクターで出させてもらいました。見た目がかなりヘンテコな、インパクトの強いキャラクターですが、僕自身楽しみながらヘンテコさんを演じさせてもらいました」とあいさつ。
一方、ヘンテコ世界の審査官役として出演している小池は、「普段から観ている『おかあさんといっしょ』に出させていただけるなんて、むちゃくちゃうれしかったですね」と感激の表情を見せると、「自分の子どもと一緒に観るのもそうですけど、子どもたちの大好きなお兄さんお姉さんたちの中に入って、ご家庭のお子さんたちに楽しさを届けられるといううれしさはすごかったですね。しかもだいすけお兄さんもいますし、今日はスキッパーもいますし。初めて参加させてもらったんですけど、皆さんすごくあったかくて。すごく安心する感じがありましたね」と付け加えた。
西川も「今こういった状況の中で、一緒に歌ったり、声を出したりはできない中でも、みんなと一緒に映画で、いろんな楽しみ方ができるよということにチャレンジしているので。みんなも映画と一緒に遊んだり、一緒にリズムをとったりして、楽しんでもらいたいなと思います」と会場に呼びかけた。
会場には、この日が映画館デビューとなった子どもたちも多数来場していたが、そんな会場内をあらためて見渡して、小池は「すごくしあわせな気持ちになりますし、観たことがない景色だったので、(最初は)緊張するかなと思ったんですけど、すごくあったかくてハッピーになるというか。またこういうお仕事をしたいというか、新鮮で楽しいです」としみじみ。自身の子どもとも一緒に映画を観たいという思いがあるようで、「うちの息子も映画館デビューになるので、スクリーンを指さして『パパ』と言ったら恥ずかしいというのもあるし。でもどんな反応になるか楽しみですね」とワクワクが止まらない様子だった。
〜見どころ〜
長年にわたって放映されてきたテレビ番組「おかあさんといっしょ」の劇場版で、クイズや座ったままでできる体操などが楽しめる参加型ファミリームービー。ゆういちろうお兄さんやあつこお姉さんが“ヘンテコ世界”へワープさせられてしまう。出演は花田ゆういちろうや小野あつこなどレギュラー陣のほか、11代目歌のお兄さんの横山だいすけやキャラクターのスキッパーの声を担当する西川貴教、初参加の小池徹平などが共演する。
〜あらすじ〜
いつもは仲の良いゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、誠お兄さん、杏月お姉さんがケンカをしていると、チョロミーのモバイルワープで飛ばされてしまう。たどり着いたのは、何が起こるかわからない“ヘンテコ世界”だった。楽しくも不思議な人々に出会う中、あつこお姉さんに変化が起こる。
劇場公開:2021年9月10日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025894
公式サイト:http://eiga-okaasan.jp/
(C) 2021「映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!」製作委員会