深川麻衣、幼少期の写真に「恥ずかしくて汗が…」

視聴回数538,984

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

深川麻衣が13日、千代田区内幸町のイイノホールで行われた主演映画『おもいで写眞』の完成報告会見に出席し、撮影現場では熊澤尚人監督から笑顔を禁止されたという本作の撮影を振り返った。舞台あいさつには深川と熊澤監督とともに、共演者の高良健吾、香里奈も姿を見せた。
本作は、東京で挫折し祖母の死をきっかけに故郷に戻った主人公が、遺影写真を撮る仕事を通してさまざまな境遇の人々と交流する姿を描く物語。この日、ロケ撮影の様子を捉えた写真が散りばめられたパネルを前に、思い思いに撮影を振り返った登壇者たち。不器用なほどに真っすぐなヒロインの音更結子を演じた深川は「撮影は2019年の初夏。この撮影をしていた頃には予想もできない事態になってしまいました」と感慨深げな様子を見せた。
今作はキャストたちが所属する株式会社テンカラットの25周年企画で、記念作品で主演を担ったことについて深川は「プレッシャーがなかったと言ったら嘘になるのですが、今回は先輩方と同じ作品で一緒できるということで、たくさん得るものがある作品になるだろうなと、純粋に楽しみでした。高良さんと香里奈さんはまるでお兄ちゃん、お姉ちゃんのようでもあり、いるだけで安心できました」と嬉しそうにコメント。
そんな深川を「しっかりしていた」と称えた高良と香里奈。高良は「撮影現場で深川さんは監督にしごかれていて、それを僕は日が過ぎるごとに深川さんが演じる結子に近づいていくのを見ることができた。間近で深川さんの変化を見られたのはいい経験でした」と深川の頑張りを絶賛する。
これに深川は「自分自身は毎日がいっぱいいっぱいで。(高良さんが)そう思ってくれていたんだなと思うと嬉しいです。今回の映画は(結子の)怒りの感情にすごく向かい合った作品。タイトなスケジュールの中で、監督にはこだわって丁寧に撮っていただきました。監督の要求に応えられないのは悔しかった。いい経験をさせてもらいました」としみじみ。熊澤監督も役づくりのために「撮影現場では深川さんの笑顔を禁止した。何十回と『今、笑ったよ』と深川さんに言いました。それが印象に残っています」と振り返った。
その後、初出しとなる秘蔵写真を披露しあう演出が行われ、高良は小学校の入学式のときの写真を持参。深川と香里奈に大好評のようで、高良が「自分はO脚なのですが、この時はそうでなかった。そういう思い出の写真で……」と紹介すると、深川が「すぐ足に目がいきました。美脚ですね!」とうっとり。香里奈も「イケメンは小さい頃からそうなんですね。絶対モテたでしょ!」と詰め寄り、笑いを誘った。
〜見どころ〜
『君に届け』『心が叫びたがってるんだ。』などの熊澤尚人監督が自身の小説を映画化。東京で挫折し祖母の死をきっかけに故郷に戻った女性が、遺影写真を撮る仕事を通じさまざまな境遇の人々と交流していく。ヒロインを『パンとバスと2度目のハツコイ』などの深川麻衣、彼女の幼なじみを『多十郎殉愛記』などの高良健吾が演じ、『深呼吸の必要』などの香里奈のほか、井浦新、古谷一行、吉行和子らが脇を固める。
〜あらすじ〜
仕事をクビになり失意に沈む音更結子(深川麻衣)は、祖母が亡くなったことを受けて帰郷する。母の代わりに自分を育ててくれた祖母を孤独に死なせてしまったと悔やむ中、幼なじみの星野一郎(高良健吾)から老人を相手にした遺影撮影の仕事に誘われる。当初は老人たちに敬遠されるが、一人で暮らす山岸和子(吉行和子)との出会いを機に、結子は単なる遺影ではなくそれぞれの思い出を写し出す写真を撮るようになっていく。
劇場公開:2021年1月29日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025730
公式サイト:http://omoide-movie.com/
(C) 「おもいで写眞」製作委員会