岩田剛典、ライバル作品も宣伝!「映画がもっと活気づいてほしい」

視聴回数1,267,474

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が映画『名も無き世界のエンドロール』公開記念舞台挨拶イベントに登壇した。
〜見どころ〜
第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の「名も無き世界のエンドロール」を原作にしたサスペンス。表と裏の社会でのし上がった幼なじみの青年たちの運命が描かれる。監督は『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市。『去年の冬、きみと別れ』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』などの岩田剛典、『OVER DRIVE』『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑らが出演する。
〜あらすじ〜
共に親のいない幼なじみのキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)は、自分たちと同じ境遇にある転校生ヨッチも交えて支え合いながら成長していく。だが、20歳になったときに直面した事件が原因で彼らの人生は大きく狂ってしまう。その後、キダは裏の社会で殺人もいとわない交渉屋として暗躍し、マコトは彼の力を借りながら表の社会で貿易会社社長として成功をつかむ。やがて2人は、10年もの歳月を費やして立てた計画を遂行する。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025358
公式サイト:https://www.namonaki.jp/
(C) 行成薫/集英社 (C) 映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会