田中圭、中谷美紀は「ギャップが可愛い」共演を振り返る仲良しトーク!

視聴回数669,405

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

田中圭と中谷美紀が4日、丸の内TOEIで行われた映画『総理の夫』の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに登壇し、久々に満場となった客席を前にトークを繰り広げた。
原田マハによる小説「総理の夫 First Gentleman」を原作とする本作。日本初の女性総理となった相馬凛子(中谷)とお人好しな鳥類学者・相馬日和(田中)の夫婦が、未曾有の騒動に巻き込まれていく模様が描かれていく。
10月1日に緊急事態宣言が明けたばかりのこの日は、客席の間隔を空けずに実施。満席となった場内を見渡した田中は「前回は50%で、それでも大変ななかにたくさんの方に来てもらえたらなという感動がありました。本当に久しぶりの100%(の客席)を見るとすごいですね。いっぱい! うれしい! となりますね」と笑顔を見せる。続けて中谷も「公開できるかどうかもずっと心配していたものですから、満場のお客さまにお目にかかれるのは本当にうれしいです」としみじみ語った。
本作で、凛子を支える献身的な夫を演じた田中の演技について、中谷は「働く女性にとっても、あるいは働いていらっしゃらない女性にとっても理想の夫なのではないかなと思います。実際にそのような声をたくさんいただきました」と語り、「みなさんいかがでしたか?」と会場に向かって尋ねると大きな拍手が。それに対して田中が「ちょっと素が出ちゃいましたね」とおどけてみせると、中谷が「え? 今ちょっと聞こえなかったです」とツッコミを入れると、「ウソでーす」と返した田中。二人の軽妙なやり取りに会場は沸いた。
この日はパリにいる原作者の原田と生中継でトークすることに。執筆中に女性総理としてリーダーシップを発揮する凛子について「頭の中で完全に中谷美紀さんを妄想して書いていた」とのことで、「私の妄想がリアルになったの?」とビックリしたという。中谷は「大変おこがましいことです。宣伝用のリップサービスかなと思っていたのですが……本当ですか? まぁ、素が出ちゃったかな」と冗談めかして、会場は大笑い。田中も「出していましたね」と続けた。
凛子について中谷は「一点のにごりもない清々しい女性。私利私欲でなく、この国の未来を思って、女性だからではなく、たまたま女性だった。たまたま理想を実現したいと思い、そのために必要なポストが総理だったということがしっくりきて、その思いで演じていました」と語る。
さらに「でも大変ですよね、女性として生きていくのは」と続けた中谷は「みなさんは苦労はありませんか? 私はけっこう苦労しました。今は女性に産まれてよかったなと思いますけど、そこに至るまでは悩んだり、失敗したり、いろいろと紆余(うよ)曲折がありました。でも凛子に夢を託して、女性がより輝き、生きやすい社会になってくれたら。ひいては男性も子どもたちも、映画を観た方すべてが幸せになってくれたらと思って演じていました」とせつせつと語った。
〜見どころ〜
原田マハの小説「総理の夫 First Gentleman」を原作にしたドラマ。知らぬ間に妻が史上初の女性総理大臣になっていた鳥類学者が、政治に翻弄(ほんろう)されながらも夫婦一丸となってさまざまな障害を乗り越える。メガホンを取るのは『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』などの河合勇人。『mellow メロウ』『哀愁しんでれら』などの田中圭、『繕い裁つ人』ドラマ「ハル ~総合商社の女~」などの中谷美紀が、主人公の夫婦を演じる。
〜あらすじ〜
少数野党の党首を務める凛子(中谷美紀)を妻に持つ、鳥類学者の相馬日和(田中圭)。もし総理大臣になったら不都合はあるかと凛子に尋ねられた日和は、それを気に留めることもなく野鳥観察の出張に向かう。電波の届かない孤島で彼が10日にわたって野鳥観察をしている間、凛子は日本史上初の女性総理大臣に選出される。突如、総理の夫となってしまったことに戸惑いつつ、妻を全身全霊で支えようとする日和だが、夫婦の愛と絆を試されるような問題が次々と降りかかる。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025714
公式サイト:http://first-gentleman.jp/
(C) 2021「総理の夫」製作委員会