松井玲奈、ショートへアで登場!“魔法”に対する考え方の変化を明かす

視聴回数454,770

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

森川葵、松井玲奈、百田夏菜子が3日、EX THEATER ROPPONGI で行われた第33回東京国際映画祭特別招待作品『魔女見習いをさがして』舞台あいさつに佐藤順一監督、鎌谷悠監督とともに登壇し、台湾で公開されることについて、感激の表情を見せていた。
本作はアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズ放送20周年を記念し、シリーズのスタッフが集結した新作アニメーション。3人のヒロインたちが「おジャ魔女どれみ」をきっかけに知り合い、旅に出るさまを描き出す。映画上映後は会場から拍手が巻き起こるなど、熱気あふれる観客の前に立った森川は「こんなにたくさんの方に観ていただけて。本当にうれしいです。いまは無観客の舞台あいさつも多いですが、やはりみなさんの顔を見て、拍手をいただきながら、こうやってごあいさつをさせていただけるのは本当にうれしくてありがたいことだなと思っております」と喜んだ。
続く松井も「このステージからみなさんの反応を見ていると、ハンカチで涙をぬぐっている方もいらっしゃって。わたしたちおジャ魔女世代が心をグッとつかまれて、映画に臨んだ気持ちが、お客さまにも届いたのかなと思ってとてもうれしく思います」と笑顔。さらに百田も「最近はお客さんとお会いできる機会がなかなかないので。こうやってたくさんのみなさんの反応、いま、舞台裏で拍手を聞いて感動していました。この作品を皆さんに届けられる日を楽しみにしてました」と晴れやかにあいさつした。
本作は制作の都合により5月15日の公開日が延期。このたび、公開初日が11月13日に決定し、さらには台湾で公開されることも決定した。「一時は公開が延期となって。いつお届けできるのかと思っていました」と語る森川は、「劇場に行くのが怖いという人が多いなかで公開しても、みんな来てくれるのかなと思っていましたけれど、みなさんの顔を見ていたら全然大丈夫だなと思いました。台湾でも上映が決まって、世界中で愛されているんだな、ようやくお届けできるんだなと実感できて、うれしいです」としみじみ。
百田は、「わたしは台湾でライブをさせていただいたことがあって。そのときも台湾の方が喜んでくれたので、この作品も楽しみにしてくれているのかなと思ったらワクワクしますし。この映画で描かれている主人公3人の悩みは世界共通だと思うので。そういう意味で、楽しんでいただけるのかなと思います」と続けた。
オリジナルシリーズの演出・監督を担当してきた佐藤監督は「『おジャ魔女どれみ』はもともと子どもたちに楽しんでもらおうと思って作ったテレビ用アニメですが、20年たって、当時観てくださった方と作り、演じてもらって、観てもらって。今回、映画として扱ってもらえることに、成長したなというか、感慨深いものがありますね。あれから20年たちましたけど、同じように映画を観ていただいて、楽しんでもらえたらうれしいなと思います」と語ると、鎌谷監督も「去年の東京国際映画祭で登壇した時は、コンテをつなげた状態だったんですが、今年はこうやって完成した作品をお届けできることができて。うれしく思います」とそれぞれ感慨深い表情だった。
〜見どころ〜
アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズ放送20周年を記念し、シリーズのスタッフが集結した新作アニメーション。20代の女性たちが“魔法玉”をきっかけに知り合い、旅に出る。監督を、本シリーズに監督・演出として携ってきた佐藤順一と『プリキュア』シリーズの演出などを担当してきた鎌谷悠が共同で務める。3人のヒロインの声を、森川葵、松井玲奈、百田夏菜子が担当する。
〜あらすじ〜
教員になる自信をなくしている大学生の長瀬ソラ、職場になじめない帰国子女の会社員・吉月ミレ、彼氏に振り回されながらも絵画修復の道を目指しているフリーターの川谷レイカ。住んでいる場所も性格も違う20代の彼女たちは、アニメ「おジャ魔女どれみ」に登場するMAHO堂で出会い、「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地をめぐる旅に出る。
劇場公開日:2020年11月13日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024658
公式サイト:https://lookingfor-magical-doremi.com/
(C) 東映・東映アニメーション