大平祥生、JO1で映画に出るなら戦闘系!?『映画 えんとつ町のプペル』インタビュー

視聴回数259,562

※ 視聴回数について
(C) 西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

シネマトゥデイ

『映画 えんとつ町のプペル』でデニスを演じたJO1の大平祥生にインタビュー!
〜見どころ〜
お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が手掛けた絵本、「えんとつ町のプペル」を原作にした劇場版アニメーション。煙に覆われた町を舞台に、えんとつ掃除人の少年と、ゴミから誕生したゴミ人間の冒険を描き出す。西野は製作総指揮と脚本を担当し、廣田裕介が監督を担当する。『鉄コン筋クリート』や『海獣の子供』などのSTUDIO4℃が、アニメーション制作を担う。
〜あらすじ〜
煙に覆われたえんとつ町で暮らす人々は空を見たことがなく、ましてや空には輝く星があるなどと信じる者は誰もいなかった。だが、えんとつ掃除人の少年ルビッチだけは父親の教えを信じ、空を見上げては、煙の向こうにはきっと星があるはずだと思っていた。町の住人たちはそんなルビッチを笑い者にし、一人ぼっちになってしまった彼が出会ったのは、ゴミ人間プペルだった。