松井玲奈、映画単独初主演は「プレッシャーも大きかった」

視聴回数1,473,287

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

映画『幕が下りたら会いましょう』の完成披露上映会が行われ、主演の松井玲奈をはじめ、筧美和子、しゅはまはるみ、前田聖来監督が登壇した。
〜見どころ〜
妹の訃報に動揺する売れない劇作家を描いた人間ドラマ。妹の死をきっかけに過去と向き合う劇作家が、さまざまな出会いを通じて自分を見つめ直す。『いつか輝いていた彼女は』などの前田聖来が監督・脚本、『アストラル・アブノーマル鈴木さん』などの大野大輔が共同で脚本を担当。『めがみさま』などの松井玲奈が主演を務め、『でぃすたんす』などの筧美和子、『カメラを止めるな!』シリーズなどのしゅはまはるみ、『血まみれスケバンチェーンソーRED』シリーズなどの日高七海らが共演する。
〜あらすじ〜
実家の美容室を手伝いながら売れない劇団を主宰する斎藤麻奈美(松井玲奈)は、東京で暮らす妹・尚(筧美和子)の死を知らされる。尚が資材置場で死んだ夜、麻奈美は劇団員の結婚祝いに参加しており、尚から着信があったにもかかわらず電話に出なかった。複雑な思いに揺れる彼女は、尚の部屋を引き払いに東京へ向かい、さまざまな人々との出会いを経て自分自身と向き合う。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0026653
公式サイト:http://makuai-movie.com/
(C) avex entertainment Inc