松山ケンイチ「仲良くしたいのに…」新田真剣佑らに怖がられた撮影を振り返る

視聴回数1,259,586

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

新田真剣佑が12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』初日舞台あいさつに出席。劇中、対峙した織田信長役の松山ケンイチに対して、撮影から1年以上たったいまでも「まだ怖いです」と胸の内を明かしていた。舞台あいさつには山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、本広克行監督も参加した。
本作は「週刊ヤングジャンプ」にて連載され人気を博した笠原真樹原作のコミックを映画『踊る大捜査線』シリーズの本広監督が実写映画化。大きな雷とともに突如戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校のトップアスリートたちが、生きのびるために戦いに身を投じていく姿を描いている。
新田演じる主人公・西野蒼がタイムスリップしてしまった戦国時代で、高校生たちの圧倒的脅威となる織田信長。演じる松山は、若いキャストが多い撮影現場のなか、本広監督から「締めてください」と撮影の緊張感を保つ役目を任されていた。
そのため松山は撮影現場で、ほぼ誰とも会話をしなかったそう。新田も「僕も唯一、一言も会話をしませんでした。それぐらい松山さんはトゲトゲのオーラで、あいさつ以外まったく話せませんでした」と撮影を振り返る。松山のその態度が、監督からのお願いだったことを知った新田だったが、それでも「まだ怖いですね」とこの日も松山のオーラに圧倒され、苦笑いを浮かべていた。
しかし実際は「みんなと話したかったんですよ」と松山は思いを吐露し、完成した作品を観て「本当にみんなキラキラしていて、演技だけでは表現しきれないところまで作品に込められていた。きっとこの経験は大きな宝物になると思います」と称賛する。
そんな先輩からの言葉を聞いていた新田は「この映画は、僕の夢をかなえてくれるような作品でした。僕にとって一生忘れることのない貴重な経験をさせていただきました」と感無量な表情を浮かべると、劇場に足を運んでくれた観客に「とにかく作品を楽しんでください。そして目に焼きつけてください」とメッセージを送った。
〜見どころ〜
「週刊ヤングジャンプ」で連載された笠原真樹のコミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が実写映画化。ある日突然戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き延びようと奮闘する。『サヨナラまでの30分』などの新田真剣佑が主演を務め、戦国武将の松平元康(後の徳川家康)を三浦春馬、織田信長を松山ケンイチ、ヒロインを山崎紘菜が演じる。
〜あらすじ〜
スポーツ強豪校の弓道部に所属する高校2年生・西野蒼(新田真剣佑)は、目立つのが苦手で弓道場で練習に打ち込むだけの日々を送っていた。ある日、雷が落ちたかと思うと校庭の向こうに城が出現し、校内には武士たちが乱入してくる。全校生徒がパニックに陥る中、歴史好きな蒼は戦国時代の「桶狭間の戦い」直前に学校がまるごとタイムスリップしてしまったことを悟る。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025012
公式サイト:http://brave-gunjosenki.jp/
(C) 2021「ブレイブ ‐群青戦記‐」製作委員会 (C) 笠原真樹/集英社