ダニエル・クレイグ、『007』ボンド役卒業の心境を語る

視聴回数588,097

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

ダニエル・クレイグが27日、都内で行われた映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(10月1日公開)のバーチャルイベントにイギリス・ロンドンからオンラインで参加し、本作をもって卒業するジェームズ・ボンド役に対する思いを語った。この日は、ダニエルとともに共演のラミ・マレック、レア・セドゥ、キャリー・フクナガ監督がオンラインで出演したほか、会場には『007』シリーズの大ファンだという片岡愛之助と前田敦子が来場した。
本作は、イギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気シリーズの第25弾。ジャマイカで平穏に暮らしていたボンドが、誘拐された科学者を救出するため、再び過酷なミッションに挑む。
本作をもって15年間演じてきたボンド役を卒業するダニエルは「僕の人生の15年をかけて、素晴らしい役を演じられたよ。一番よかったのは、業界のベストな方々と仕事ができたことかな」とこれまでの軌跡を回顧。自身がボンド役で初登場した作品が、原作の第1作をもとにした『007/カジノ・ロワイヤル』だったことから「ボンドがボンドになったときから始められたから、複雑で面白いキャラクターに自分の考えや感情を入れ込むことができたよ。自分の中で『ボンドは誰なのか?』と考えていたけど、15年かけて、やっと誰なのかがわかったような気がするよ」と思いを吐露した。
そんななか、前田から「本当にラストなんでしょうか?」と質問されると、ダニエルは「最後だよ。寂しさや、いろんな思いはあるけれど、十分にやり切ったから、次の挑戦に向かうよ。作品は次のボンドに託すよ」と卒業を明言した。
また、前作からの続投で、ある秘密を抱える心理学者・マドレーヌ・スワン役を演じるレアは「戻ってこられて信じられない気持ち。今回は、よりキャラクターを掘り下げることができたし、感情的な感動できるラブストーリーが描かれていることもうれしい」と喜んだ。
世界を代表する作品で、シリーズ最凶の悪役・サフィン役を演じるラミは「生涯忘れられない、とても光栄で素晴らしい体験になったよ。この映画と共に、僕自身が映画史の1ページに刻まれたような気がするんだ。それに、“ダニエル・ボンド”の卒業作品に携われたこともうれしいね」と感激の言葉を口にした。
さらに、片岡から「ダニエルさんと仲良くなったとお伺いしました」と伝えられたラミは、「ダニエルとの仲良しぶりが日本に知られていてドキッとしたよ」と笑いながら、あるエピソードを紹介。「最高の作品にするため、みんな一丸となって頑張っていたある日、思った以上に素晴らしいシーンが撮れたから、あまりのうれしさと達成感でキャリーとダニエルの3人でハグしたんだ。そしたら勢いで唇が滑ってキスしちゃったんだ」とダニエルと唇が触れたことを告白し、3人で笑い合っていた。
〜見どころ〜
イギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気シリーズの第25弾。諜報(ちょうほう)の世界から離れていたボンドが、再び過酷なミッションに挑む。メガホンを取るのはドラマ「TRUE DETECTIVE」シリーズなどのキャリー・フクナガ。ダニエル・クレイグ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリスらおなじみの面々が出演し、新たに『ボヘミアン・ラプソディ』などのラミ・マレックらが参加する。
〜あらすじ〜
諜報(ちょうほう)員の仕事から離れて、リタイア後の生活の場をジャマイカに移した007ことジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、平穏な毎日を過ごしていた。ある日、旧友のCIAエージェント、フェリックス・ライターが訪ねてくる。彼から誘拐された科学者の救出を頼まれたボンドは、そのミッションを引き受ける。
劇場公開:2021年10月1日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024149
公式サイト:https://www.007.com/no-time-to-die-jp/
(C) Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.All Rights Reserved.