佐久間由衣、自分の作品で初めて涙…共演の奈緒は「苦しいシーンも楽しい思い出に」

視聴回数540,492

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

女優の佐久間由衣と奈緒が30日、テアトル新宿で行われた映画『君は永遠にそいつらより若い』特別先行上映会の舞台あいさつに登壇。初共演で、独特な関係を築く大学生役を演じた二人は、“オフィシャルなお茶会”で親睦を深めたことを明かした。この日は共演者の小日向星一と吉野竜平監督も来場した。
本作は、芥川賞作家・津村記久子のデビュー作をもとに、就職も決まり卒業までの日々を漫然と過ごす大学生が、暴力や児童虐待、ネグレクトなど自身の周囲に潜む社会の闇に直面する姿を描く物語。佐久間が児童福祉職への就職が決まっている束谷大学文学部社会学科4年生・堀貝佐世、奈緒が痛ましい過去を持つ同じ大学に通う猪乃木楠子を演じている。
主人公役の佐久間は「自分の作品で涙を流してしまったのは初めてで、それくらい心に響く映画を観てしまったという感覚と、そういう素晴らしい映画に関わることができて幸せだと思いました」と胸中を吐露。そんな佐久間について奈緒は「原作から飛び出したような魅力と、由衣ちゃんならではの魅力で、(ホリガイが)本当に生きている人のように感じられました。明日まで頑張って生きてみようかな……みたいな、人を明日に連れて行ってくれるようなパワーをもった魅力的な作品になりました」と力を込めた。
キャスティングの決め手を問われた吉野監督は「佐久間さんは身長が第一でしたが、話したときに、すごく庶民的で親戚の子みたいな感じがして、この子だったらグダグダしたホリガイができるだろうと思いました」と振り返る。奈緒については「主人公を受ける側で、表には見せない深い傷があるキャラクターを、表情のちょっとした変化などで演じなければいけない。過去の作品を観て、演技に対する姿勢を含め、この人にやってほしいと思いました」と明かした。
そんな吉野監督の期待を背負った佐久間は、撮影前に「役の履歴書を監督と作ったことが大きかったです。どう生きて来たか、どんな趣味・嗜好があるのか、カバンの中身から水筒の中身、雨の日は長靴をはくのかとか、細かいところまで話ができました。そういう設定があるからこそ不安材料が少なく、自由に動けました」という。
続けて「監督が仕込んだお茶会で、奈緒ちゃんと小日向くんとオフィシャルでお茶をさせていただいたので、その時間で相手を通してホリガイのことを見つけられた気がします」と話す佐久間。それに対して、奈緒は「由衣ちゃんとは遅かれ早かれ仲良くなったと思いますが撮影の前に(お茶会を)作っていただいたことは大きかったです。由衣ちゃんとのお芝居は、すごく楽しかったです。苦しいシーンでさえ楽しい思い出になっています」と笑みをこぼすと、佐久間も大きく頷いた。
最後に、佐久間は「当たり前の日常なんて存在しなくて、生きていることだけで十分だし、それだけで素晴らしいことなんだと、この映画を通して伝えていけたらなと思います。地味な映画ではあるのですが、たくさんの愛おしい不器用な登場人物たちが一生懸命、社会に向かって戦って生きているので、それをどうか見届けていただきたいです」と思いを込めて呼びかけた。
〜見どころ〜
芥川賞作家・津村記久子のデビュー作でもある第21回太宰治賞受賞作を『スプリング、ハズ、カム』などの吉野竜平監督が実写映画化。就職も決まり卒業までの日々を漫然と過ごす大学生が、暴力や児童虐待、ネグレクトなど自身の周囲に潜む社会の闇に直面する。『“隠れビッチ”やってました。』などの佐久間由衣が主演を務め、『ハルカの陶』などの奈緒、『花と雨』などの笠松将のほか、小日向星一、葵揚、森田想らが出演する。
〜あらすじ〜
児童福祉職への就職が決まっている束谷大学文学部社会学科4年生・堀貝佐世(佐久間由衣)は、アルバイトと学校と下宿先を行き来しながら、友人たちと退屈な日々を過ごしていた。そんな中、同じ大学に通う猪乃木楠子(奈緒)と出会い、痛ましい過去を持つ彼女と親しくなる。やがて、学内の知人・穂峰直(笠松将)の死をきっかけに、堀貝は何げない日常と隣り合わせにある残酷な現実を知ることになる。
劇場公開:2021年9月17日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025393
公式サイト:https://www.kimiwaka.com/
(C) 『君は永遠にそいつらより若い』製作委員会