ももクロ・玉井詩織、スキューバ&船舶免許を取りたい!

視聴回数639,541

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

俳優の城桧吏が29日、都内で行われた映画『都会のトム&ソーヤ』完成披露舞台あいさつに出席し、「この場に立てて嬉しく思っています」と初主演映画が完成したことに感無量な表情を浮かべていた。舞台あいさつには、酒井大地、豊嶋花、渡邉心結、玉井詩織(ももいろクローバーZ)、森崎ウィン、河合勇人監督も出席した。
シリーズ累計200万部を超える人気推理小説シリーズ「都会のトム&ソーヤ」を、『かぐや様は告らせたい』シリーズなどの河合監督が映画化する本作。驚異的なサバイバル能力を持つ中学生の内藤内人(城)と、相棒の御曹司・竜王創也(酒井)が、推理と冒険を繰り広げる姿を描く。
『万引き家族』や『約束のネバーランド』などで瑞々しい演技を披露した城が、映画初主演を飾った本作。コロナ禍で撮影が延期になるなど、多くの困難があったが、城は「無事撮影が終わり、こうして完成披露試写会の場に立つことができて、嬉しい気持ちでいっぱいです」と感無量な表情を浮かべる。
自身が演じた内人について城は「元気で明るいところが僕の性格に似ていると思います」と語ると、主演として臨んだ撮影については「できる限り、明るい現場にできればいいなと、(酒井と)二人でギャグを言ったりして盛り上げました」と振り返る。
城の言葉に、本作が映画初出演となる酒井も「なにも分からないなか、桧吏と花が温かい言葉をかけてくれました。最初の共演者が桧吏で良かった」と感謝を述べると、城は「照れますね」と嬉しそうに酒井を見つめていた。
イベント中盤には、撮影時の思い出が詰まったメイキングが流れるコーナーも。城は「観ているだけでも涙が出てきそう」と話すと、クランクアップで涙ぐんでしまうシーンに「リハーサルを含めて、長い時間かけてみんなで頑張ってきたので、撮影が終わってしまうと思ったら悲しくて泣いてしまいました」と懐かしそうに語っていた。
また、森崎、玉井をはじめ、市原隼人、本田翼ら先輩との共演にも大きな影響を受けたという城。「大人の方々との撮影は、最初すごく緊張してお腹が痛くなりそうになったのですが、撮影の合間にすごく話しかけてくれるなど優しくしてくださったので、いい思い出ができました」と笑顔を見せていた。
そして、いよいよ1か月後に公開が迫るなか城は「この映画は謎解き要素も含まれているので、映画を観ながら推理してもらって、あとは内人と創也の凸凹コンビも見どころなので、ぜひ楽しんでください」と作品をアピールしていた。