菜々緒、永野芽郁&広瀬アリスと“ガールズラブ”作品をやりたい!? 遠藤憲一は“悩み相談のママ役”

視聴回数165,893

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

永野芽郁が10日、映画『地獄の花園』ヒット御礼舞台あいさつに来場、広瀬アリス、菜々緒、遠藤憲一らとの次回作に「ガールズラブ」作品を提案され、「やりましょう!」と乗り気な姿勢を見せた。
バカリズムが脚本を担当した本作は、最強の座を懸け、OLたちが拳による熾烈(しれつ)な争いを繰り広げるコメディー。先日の公開初日イベントは無観客での実施だったが、この日は有観客でイベントが行われた。観客を前に永野は「すごく久しぶりに劇場の席に皆さんが座っている姿を見て、本当にうれしいです。あらためて公開できたことをうれしく思います」と笑顔。広瀬が「この景色がうれしいなとあらためて思いました」と続けると、菜々緒も「皆さんと一緒でうれしい気持ちでいっぱいです」と付け加えた。
OLたちの拳を使った激しいバトルが繰り広げられる本作。その反響について永野が「制限はありますが東京の映画館が6月1日から始まって。母親だったり、友人がみんな観に来てくれたんですよ。どの世代の人も喜んでくれて。死ぬほど笑ったと言ってくれたのがうれしかったですね。ただ母親が娘が殴られている姿を初めて見て、悲しくて泣きましたって」と報告すると、広瀬がかぶせぎみに「ごめんね! いっぱい殴ってごめんね!」と謝ってみせて会場は大笑いとなった。
一方、“魔王・赤城”と恐れられているOL赤城涼子役の遠藤は「金髪、ミニスカート、つけまつげをして出ているんです。あの衣装じゃないと、こんな恥ずかしい舞台あいさつはない。スーツを着るとただのこわもてのオヤジじゃないかと。あっち(劇中のOLの衣装)の方がしっくり来ちゃって。またあの格好になりたい」と告白し、会場を沸かせた。
本作を通じて仲良くなったという登壇者たち。そこで「このメンバーで別の作品をやるならどんな役を?」という質問が投げられると、菜々緒が「ボーイズラブ的な作品は多いけど、ガールズラブはあまりないので。わたしはこのかわいい二人に取られあいたい」と提案すると、広瀬も「役作りはすぐにできますね。わたしは(菜々緒への)愛が強いんで。今日の衣装もヤンキー風で、菜々緒さんにやられたいと思った」とその意見に同意し、会場は大盛り上がり。さらに遠藤も「もちろん自分もガールズラブに混ぜてもらいたい。ベテランのガールで、『恋はいつまでもするものよ』とか言って。(悩み相談で)たまに手を見て占ってあげたりしてね」と続けると、永野も「そうしましょ!」と乗り気な様子を見せた。
そしてこの日、映画館の思い出について質問された登壇者たち。まず永野が「わたしが初めて映画に出演した時に、家族で映画を観に行って。こんな大きなスクリーンに自分が映る日がくるんだなと思ったんですが、横を見ると、お母さんとお兄ちゃんが緊張しているのを覚えてて。映画って特別なものなんだなといまだに思っています」と述懐。さらに広瀬が「小学校1年生の時に親と一緒に映画館に行って乳歯が抜けて。スクリーンに逆光の乳歯を覚えていますね」と珍回答。その言葉に「この次にしゃべるのは本当に嫌ですね」と苦笑いの菜々緒は「芸能界に入る前にデートで行ったという思い出があります」と振り返った。
最後のメッセージを求められた永野はあらためて客席を見渡し、「今日はこの光景を見ることができてうれしいです。映画館に人が入っているというのはどこかで当たり前に思っていましたけど、これが奇跡だったのかもしれないなと思うきっかけをいただいた。ここに来るときと帰るときで、心が晴れやかになっていただけたらうれしいです。最高に楽しい作品です。今日はありがとうございました」と観客にメッセージを送った。
〜見どころ〜
最強の座を懸け、OLたちが拳による熾烈(しれつ)な争いを繰り広げるコメディー。普通のOL生活に憧れる女性が働く職場に、一人のカリスマヤンキーが中途採用されたことから、全国のOLたちを巻き込む抗争が勃発する。『架空OL日記』シリーズなどのバカリズムがオリジナル脚本、彼とドラマシリーズ「かもしれない女優たち」で組んでいる関和亮が監督を務めた。主人公を『君は月夜に光り輝く』などの永野芽郁、彼女と友情を育む同僚を『巫女っちゃけん。』などの広瀬アリスが演じる。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025937
公式サイト:http://jigokumovie.jp/
(C) 2021『地獄の花園』製作委員会