山崎賢人、東京タワーをピンクに点灯!姪っ子からの“サプライズエピソード”にほっこり

視聴回数1,077,770

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

俳優の山崎賢人が6日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』(6月25日公開)の公開記念イベントに出席し、「いろいろな愛が詰まった心温まる映画です」と本作への熱い思いを語った。イベントには、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督も参加した。
ロバート・A・ハインラインの小説を原作にした本作。ロボット開発に熱中する科学者の高倉宗一郎(山崎)が、共同経営者と婚約者の白石鈴(夏菜)に騙されすべてを失うなか、タイムスリップを敢行し、失われた自分の人生を取り戻そうとする姿が描かれる。
公開延期を経て、待ちに待った封切りが間もなくとなったこの日、山崎は「やっと公開ができると思うと、すごくワクワクしています」と語ると「『夏への扉』というタイトルなので、この時期に公開できるのは逆に良かったと思えるぐらい」と笑顔を見せる。
作品の見どころについて聞かれた山崎は「時を超える物語だからこそ、何気ないシーンやセリフが深い意味になる」と語ると、山崎ふんする宗一郎とバディを組むヒューマノイドロボットPETE(ピート)を演じた藤木は「今回オファーを受けた一番大きな要因は、賢人くんとバディを組む役だったから」とラブコールを送っていた。
そんな山崎は、本作で描かれる“サプライズ”にちなみ、最近周囲で起きたサプライズについて聞かれると「会うといつも泣かれていた2歳の姪っ子が、この間『賢ちゃん』って呼んでくれたのがサプライズでした」と笑顔を見せると「もうめちゃくちゃ可愛いんですよね」とメロメロな様子。
同じ質問をされた高梨は「わたしはサプライズをするのが好きなんです」と話し出すと「最近はなかなかお誕生会で集まったりすることができないので、お花とかワインを送ったりすることにはまっているんです。会えないぶん、その人のことを考えている時間が楽しいんですよね」と笑顔で語っていた。
この日は、純愛ラブストーリーである本作にちなんで、東京タワーを“純愛”をイメージしたピンク色にライトアップ。暗闇のなか、きれいに彩られた東京タワーを見つめた山崎は「この作品はいろいろな愛が詰まった心温まる映画です」と作品を紹介すると「最後にものすごく幸せなサプライズが待っているので、いろいろな世代の方が楽しめると思います」と自信をのぞかせていた。(山崎の「崎」は「たつさき」)
〜見どころ〜
ロバート・A・ハインラインの小説を原作にしたSF。小説の舞台を日本に移し、1995年から2025年へタイムスリップした科学者が、奪われた自身の人生を取り戻そうとする。『フォルトゥナの瞳』などの三木孝浩が監督を務め、『キングダム』などの山崎賢人が主人公を演じ、『浅田家!』などの菅野友恵が脚本を手掛ける。1995年当時を再現するため、スタッフがその時代に使用されていた小道具を集めるなどの工夫が凝らされている。
〜あらすじ〜
1995年の東京。科学者の高倉宗一郎(山崎賢人)は、ロボット開発の研究に熱中する。秀でた科学者であった亡き父の親友・松下が夢見たプラズマ蓄電池の完成を間近に控え、彼は愛猫のピートと松下の娘・璃子と平和な日々を送っていた。だが、共同経営者と婚約者に裏切られ、自分の会社も開発中のロボットや蓄電池も失ってしまう。
劇場公開:2021年6月25日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025408
公式サイト:http://natsu-eno-tobira.com/
(C) 2021 映画「夏への扉」製作委員会