田中圭、中谷美紀との共演にハラハラ!? 「怒られると思っていた…」

視聴回数917,015

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

田中圭と中谷美紀が8日、都内で行われた映画『総理の夫』の完成披露舞台あいさつに出席し、夫婦役を演じた本作での撮影を振り返った。この日の舞台あいさつには共演者の貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、片岡愛之助、岸部一徳、河合勇人監督と登壇した。
本作は、原田マハによる小説「総理の夫 First Gentleman」を原作に、日本初の女性総理となった相馬凛子(中谷)とお人好しな鳥類学者・相馬日和(田中)の夫婦が、未曾有の騒動に巻き込まれていく模様が描かれていく。
田中は中谷との共演について「夫婦役ということで緊張していました。ハラハラしていました」と話すと、中谷は「どういう意味?」と苦笑い。田中は「悪い意味ではないのですが、怒られると思っていたんです」と茶目っ気たっぷりに告白。中谷は「悪い意味じゃない……」とため息をつきつつ、田中との共演は「楽しかったです。田中圭さんは役柄では脇が甘い役なのですが、撮影現場では頼もしくて、優秀な助監督さんのようでした。頼りにしていました」と紹介する。
田中は日本初の“ファースト・ジェントルマン”を演じているが、役づくりについて「最初は聞いてもピンとこなかった」と本音で感想を述べる。性格的に巻き込まれ型のキャラクターを演じることについても「何もしない主人公はなかなかいない。でも僕は巻き込まれていくだけの何もしないやつであることが逆に嬉しかった」とポジティブに捉えたとのこと。「でも、衣装合わせのときに監督から『台本読んでどうでした』と聞かれて、『何もしない役で良かったです』って答えてしまって……。やる気ないやつだと思われたんじゃないかって」と監督を前に反省の弁も。
中谷は女性総理大臣の役。「お話をいただいた当初は日本で女性の総理は絶対無理でしょうって、意地悪な気持ちで台本を読んでいました」と述べる。だが、台本を読んで、自身の役柄に共感したといい、「監督から『きっとヒステリックになるだけの人では日本で総理大臣は無理だよね』と私も賛同して、世界中の女性リーダーを参考に役づくりをしました。世界の女性リーダーの怒りをぐっとこらえて、微笑みを絶やさない姿、そういった部分を参考にしました」と話していた。
〜見どころ〜
原田マハの小説「総理の夫 First Gentleman」を原作にしたドラマ。知らぬ間に妻が史上初の女性総理大臣になっていた鳥類学者が、政治に翻弄(ほんろう)されながらも夫婦一丸となってさまざまな障害を乗り越える。メガホンを取るのは『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』などの河合勇人。『mellow メロウ』『哀愁しんでれら』などの田中圭、『繕い裁つ人』ドラマ「ハル ~総合商社の女~」などの中谷美紀が、主人公の夫婦を演じる。
〜あらすじ〜
少数野党の党首を務める凛子(中谷美紀)を妻に持つ、鳥類学者の相馬日和(田中圭)。もし総理大臣になったら不都合はあるかと凛子に尋ねられた日和は、それを気に留めることもなく野鳥観察の出張に向かう。電波の届かない孤島で彼が10日にわたって野鳥観察をしている間、凛子は日本史上初の女性総理大臣に選出される。突如、総理の夫となってしまったことに戸惑いつつ、妻を全身全霊で支えようとする日和だが、夫婦の愛と絆を試されるような問題が次々と降りかかる。
劇場公開:2021年9月23日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025714
公式サイト:http://first-gentleman.jp/
(C) 2021「総理の夫」製作委員会