『鳩の撃退法』土屋太鳳インタビュー

視聴回数370,646

※ 視聴回数について
(C) 2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C) 佐藤正午/小学館

シネマトゥデイ

『ジャンプ』などの原作で知られる直木賞作家・佐藤正午のベストセラー小説を映画化した『鳩の撃退法』で、直木賞受賞経験のある作家・津田伸一(藤原竜也)の担当編集者・鳥飼なほみを演じた土屋太鳳にインタビュー!
ー見どころー
『ジャンプ』などの原作で知られる直木賞作家・佐藤正午のベストセラー小説を映画化。直木賞受賞作家が執筆する新作小説をめぐり、虚構と現実、過去と現在が複雑に交錯していく。『ホテル ビーナス』などのタカハタ秀太が監督を務め、『見えない目撃者』などの藤井清美と共に脚本を担当。主人公の謎めいた作家を『太陽は動かない』シリーズなどの藤原竜也、彼に翻弄(ほんろう)される編集者を『哀愁しんでれら』などの土屋太鳳が演じるほか、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らが共演する。
ーあらすじー
直木賞受賞経験のある作家・津田伸一(藤原竜也)は、担当編集者の鳥飼なほみ(土屋太鳳)に執筆途中の新作小説を読ませていた。津田の体験を基にしたという新作に魅了される鳥飼だったが、大量の偽札や一家失踪事件、裏社会のドンといった話を聞くうちに、それが小説の中だけの話とは思えず困惑する。鳥飼は津田の話を頼りに、その新作が本当にフィクションなのか検証していく。