桜井玲香、“乃木坂漬け”の高校時代を語る!

視聴回数516,937

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

映画『シノノメ色の週末』の完成披露イベントが行われ、元乃木坂46で映画初主演の桜井玲香をはじめ、岡崎紗絵、三戸なつめ、中井友望、工藤阿須加、穐山茉由監督が登壇した。
〜見どころ〜
MOOSIC LAB 2018 長編部門グランプリを獲得した『月極オトコトモダチ』などの穐山茉由監督が、大人に成り切れない20代の女性の心理を描く青春ドラマ。高校卒業から10年後、3人の同級生が取り壊しになる母校に週末ごとに集まり、昔の思い出や現在の不満を語り合う。元乃木坂46で『あさひなぐ』などの桜井玲香が映画初主演を務め、同級生を『mellow メロウ』などの岡崎紗絵、『明日、キミのいない世界で』などの三戸なつめが演じる。
〜あらすじ〜
かつて雑誌のグラビアを飾っていたモデルの美玲(桜井玲香)は、10年前に女子高の放送クラブの仲間だったアンディ(三戸なつめ)、まりりん(岡崎紗絵)と、取り壊しになる母校にタイムカプセルを捜しに行く。学校に忍び込んだものの、タイムカプセルは見つからず、また翌週に集まることにする。当時に戻ったような気分の3人だったが、事態は思わぬ方向へと進んでいく。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0026343
公式サイト:https://shinonome-weekend.com/
(C) 2021「シノノメ色の週末」製作委員会