ガンダムシリーズ最新作『閃光のハサウェイ』小野賢章らが見どころを語る!

視聴回数330,111

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

声優の小野賢章が13日、Zepp Diver City で開催された映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(5月7日公開)の完成報告会見に出席し、自身が声を当てた主人公ハサウェイ・ノアについて語った。この日は、上田麗奈、諏訪部順一、斉藤壮馬、主題歌を担当した [Alexandros](川上洋平、磯部寛之、白井眞輝、リアド偉武)も登壇した。
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、富野由悠季の同名小説を原作とする作品。アムロ・レイとシャア・アズナブルが激突した『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)後の宇宙世紀を舞台に、アムロの戦友ブライト・ノアの息子ハサウェイが地球連邦政府に反旗を翻すさまを描く。
シリーズ最新作の完成に小野は「この日を待っていました」と笑顔を見せると、「ハサウェイは『逆襲のシャア』のとき、アムロやシャアなりの地球を守りたいという思いを間近で見ていた人物。ハサウェイ自身も自分なりに考えて、行動を起こすのですが、それが本当にあっているのかという葛藤がある。その感情を丁寧に演じようと思いました」と役へのアプローチ方法を明かした。
謎多き女性ギギ・アンダルシア役の上田は「ギギという女の子は、女性でもあり少女でもある独特なキャラクター」と位置付けると、「ハサウェイやケネスにとっていいスパイスになる役だと思います」と自信をのぞかせる。新型ガンダム・ペーネロペーのパイロットであるレーン・エイムを演じた斉藤は、「他の三人と比べ、ストレートな役柄。監督からも若武者のようにと演出を受けたのですが、若さや青臭さをしっかり表現し、そこからどう成長していくかが、彼の見どころだと思います」とアピールした。
また、作品の見どころを聞かれた小野は「モビルスーツ戦はものすごい迫力なのはもちろんなのですが、この作品の戦いは『もし現実で起こったら怖いな』というリアルなシーンもたくさんあるので、ぜひ劇場の大スクリーンで堪能してほしいです」と訴えかけていた。
イベントでは、主題歌「閃光」を手掛けた[Alexandros]が生演奏を披露。ボーカル兼ギターの川上が、「主人公の初期衝動を感じられるようなアレンジにしました」と曲のコンセプトを語ると、小野は「脇で見させてもらいましたが、本当に格好良かったです。ハサウェイが悩みながらも前に進んでいく心情にマッチしているように感じました」と絶賛していた。
〜見どころ〜
「機動戦士ガンダム」における宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第2弾で、富野由悠季の小説を原作としたアニメーション。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』後の世界を舞台に、地球連邦政府に反旗を翻す組織を率いるハサウェイ・ノアの戦いを描く。監督は『ガンダム』シリーズのほか『虐殺器官』などを手掛けてきた村瀬修功。ボイスキャストを小野賢章、上田麗奈、諏訪部順一らが担う。
〜あらすじ〜
第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年後のU.C.0105。腐敗が進んだ地球連邦政府が民間人を宇宙に連行する“人狩り”を強行する中、地球連邦軍大佐ブライト・ノアの息子ハサウェイ・ノアが指揮する反地球連邦政府組織の「マフティー」は、地球連邦政府の高官を次々と暗殺していた。ノアは、アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想を参考にし、武力抵抗によって道を切り開こうと考えていた。
劇場公開:2021年5月7日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023805
公式サイト:http://gundam-hathaway.net/
(C) 創通・サンライズ