「テニプリ」越前リョーマ役・皆川純子、四千頭身・都築の“テニプリ愛”に「感動しました」

視聴回数586,183

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

声優の皆川純子が21日、都内で行われた『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』完成披露試写会に来場し、本作が3DCGアニメーションとして制作されたことに「許斐先生は斜め上を行くな」と感心した様子を見せた。この日は原作者であり、本作の製作総指揮を担当した許斐剛、神志那弘志監督、そして本作の公式応援団に就任したお笑いトリオ・四千頭身(都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大)も来場した。
本作は、許斐の人気コミック「テニスの王子様」「新テニスの王子様」が原作の3DCG劇場アニメーション。主人公の越前リョーマ(声:皆川)がアメリカに渡り、ひょんなことから父・越前南次郎がテニスプレイヤーとして活躍した時代にタイムスリップするさまを描き出す。
映画を鑑賞したばかりの観客の前に立った皆川が「みんな楽しかった?」と問いかけると、会場からは大きな拍手がわき起こった。本作がテニプリシリーズ初の3DCG劇場作品となったことについて、「新しくアニメを作る時に2Dということも考えましたが、新しい世代の人にもテニプリを知ってもらうためには、原点に返ってリョーマのカッコ良さをお伝えしたくて。すべて新しく3DCGでやりました」と明かした許斐は、「本当はリョーマというのもなく、ひとりのテニス少年が繰り出す冒険アドベンチャーみたいに観てもらいたいと思ったんですが、それは止められました」と笑う。
それを聞いた皆川は「やっぱり先生は斜め上を行くなと思いました」と感心した様子を見せると、「わたしも2Dアニメには20年間慣れ親しんだし、ファンの皆さんもそうだと思うので、一瞬、今3Dにしなくてもと思ってしまったんです。でも先生が製作総指揮をするということは、そりゃ今までと同じことはしないな。それが3DCGという形だったんだなと思ったら妙に納得しました」と付け加えた。
この日はサプライズとして、エンドロールの後にテニプリの名曲を存分に楽しめる特別ライブメドレー「シアター☆テニフェスpetit!」が上映されることが発表された。さらに、もうひとつのサプライズとして、ゲストにお笑いトリオの四千頭身が来場。特に都築は無類のテニプリファンだったようで、テニプリ愛をせつせつと訴えかけた3人は、許斐らに「応援団に就任させてください」と直談判する一幕も。
その言葉に許斐は「実はテレビで、彼らがテニプリ好きだという話をしていたのを見たんで、(無類のテニプリ好きだというのは)知っていたんです。だから今回、実はわたしの方からワタナベエンターテインメントに連絡して、彼らを応援団長にしてもらえないかとお願いしたんです」と直々のオファーだったことを告白。都築も「好きな漫画に直接関わらせていただくのは初めてなんですけど、(公式応援団の)オファーを受けたからには、頑張ってPRしていきたいと思います」と決意を語った。
〜見どころ〜
許斐剛によるコミックを原作にしたアニメシリーズで、「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の間の空白の3か月を描く劇場版。主人公の越前リョーマがアメリカに渡り、ひょんなことから時空を超えて父・越前南次郎がテニスプレイヤーとして活躍した時代にタイムスリップする。ボイスキャストは皆川純子、松山鷹志、高橋美佳子や、「テニスギャング」の一味を担当する杉田智和、武内駿輔、竹内良太など。監督をアニメ「HUNTER×HUNTER」などを手掛けてきた神志那弘志が務める。
〜あらすじ〜
テニスの全国大会で優勝した青春学園中等部の越前リョーマは、その3日後、修行のためアメリカへ旅立つ。到着後、リョーマは偶然にも家族旅行中にギャングに絡まれている同級生・竜崎桜乃に出くわす。桜乃を助けようとリョーマがボールを放つと、それが車いすの人物が放ったボールと激突。すると時空がゆがみ、リョーマの父・越前南次郎が活躍していた時代にタイムスリップしてしまう。
劇場公開:2021年9月3日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024988
公式サイト:https://gaga.ne.jp/RYOMA_MOVIE/
(C) 許斐 剛/集英社 (C) 新生劇場版テニスの王子様製作委員会