岩井俊二監督、コロナ禍で作った“怪獣”映画 売り上げの一部をミニシアター支援に

視聴回数248,956

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

映画『8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-』の公開直前イベントに岩井俊二監督、斎藤工、のん、武井壮、穂志もえか、原案の樋口真嗣が登壇。
本作にかける思いや、制作秘話などを明かした。
〜見どころ〜
『シン・ゴジラ』などの樋口真嗣監督ら5人の監督が発案したリレー動画企画「カプセル怪獣計画」の番外編として、YouTubeで配信された短編シリーズの劇場版。全編ほぼリモートで撮影され、新型コロナウイルスを倒すヒーローを育てるべく未知の怪獣を飼育する男と、周囲の人々の物語が展開。『麻雀放浪記2020』などの斎藤工が主人公を演じ、『星屑の町』などののん、タレントの武井壮、『少女邂逅』などの穂志もえかが出演し、原案の樋口監督も登場する。『花とアリス』などの岩井俊二が監督を務めた。
〜あらすじ〜
新型コロナウイルスと戦うというカプセル怪獣を通販で購入したサトウタクミ(斎藤工)は、怪獣の成長過程を毎日配信している。彼の元には、通販で宇宙人を買った後輩・丸戸のん(のん)やコロナ禍で失業した先輩・オカモトソウ(武井壮)など、さまざまな人たちから連絡が入る。タクミは怪獣に詳しい知人・樋口監督(樋口真嗣)のアドバイスを参考にしながら、日々成長する怪獣の飼育に奮闘する。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025380
公式サイト:https://12daymonster8.com/
(C) 日本映画専門チャンネル/ロックウェルアイズ