茂木欣一、フィッシュマンズは「いつでもその気にさせるバンド」

視聴回数2,613,801

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

『映画:フィッシュマンズ』初日舞台あいさつに茂木欣一、小嶋謙介、HAKASE-SUN、手嶋悠貴監督が登壇。
〜見どころ〜
1987年に結成されたバンド、フィッシュマンズの軌跡をたどる音楽ドキュメンタリー。2019年のライブのリハーサルから撮影を始め、SHIBUYA CLUB QUATTROなど、バンドと関係の深い場所をメンバーと訪ねてインタビューを重ねていく。クラウドファンディングで資金を調達し、『その男、東京につき』などでは撮影を担当した手嶋悠貴が監督を手掛け、関係者が保管していた100本以上のVHSなどをデジタル化した。
〜あらすじ〜
佐藤伸治、茂木欣一、小嶋謙介で結成されたバンド・フィッシュマンズは、1991年にシングル「ひこうき」でメジャーデビューする。1996年にはアルバム「空中キャンプ」、1997年には「宇宙 日本 世田谷」をリリース。1999年に楽曲のほぼすべての作詞と作曲を手掛けるボーカルの佐藤伸治が急逝したため、バンドは活動を一時休止するものの再開し、現在も活動を続けている。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0026074
公式サイト:https://fishmans-movie.com/
(C) 2021 THE FISHMANS MOVIE