菜々緒、遠藤憲一と広瀬アリスの脚が大好き!?「舐めまわして見てました」

視聴回数1,060,022

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

女優の永野芽郁と広瀬アリスが22日、都内で行われた映画『地獄の花園』(公開中)の公開記念配信イベントに出席。永野は広瀬の楽屋からたびたび重低音が聞こえてくると明かすと、彼女に“重低音アリス”という異名を付けた。この日は菜々緒、川栄李奈、大島美幸、小池栄子、関和亮監督も登壇した。
『地獄の花園』は、お笑いタレント・バカリズムがオリジナル脚本を手掛けたコメディー。普通のOL生活に憧れる女性が働く職場に、一人のカリスマヤンキーが中途採用されたことから、全国のOLを巻き込む熾烈(しれつ)な派閥争いが勃発する。永野はごく普通のOL生活を送る主人公・田中直子、広瀬は中途採用でやってきたカリスマヤンキーOL・北条蘭を演じた。
撮影中は一緒にいることが多かったという永野と広瀬。永野は「明るい方だとは思っていたけど、その想像をはるかに超えるはつらつとした明るさでした。現場を引っ張ってくれました」と広瀬に感謝しきりで、広瀬も嬉しそうな表情で「気づいたら明るくなっちゃうんです。自然とテンションが上がってしまって。それくらい現場が好き」と撮影当時を振り返る。
広瀬は、テンションを上げるために楽屋で音楽を流していたそうで、永野は広瀬の楽屋から聞こえてくる重低音にちなんで「重低音アリス」と命名。永野は「たまに楽屋にいて、外から重低音が聞こえてくるんです。『あら、どこかでライブあるのかな』って思ったら隣(広瀬の部屋)からなんです。どんな時もテンション上げるために音楽を聴くと聞いていたので、すごいなって」と暴露すると、広瀬は「朝からヒップホップでした」と照れくさそうな表情を浮かべていた。
また広瀬は、永野を「とても可愛らしい方」と表現。「とても肌が綺麗でぽわーんとしていたりもするんですけど、意外と男っぽいところもあるんです」と彼女の知られざる一面を紹介すると、菜々緒も「わたしもこの間一緒になった時、意外とせっかちなところを見たりして、男っぽいのかなって思った」と広瀬に同調した。
さらに、菜々緒に憧れているという広瀬は「菜々緒さんが好きすぎて菜々緒さんになってみたい」と笑顔。「いつも何を食べて、何を飲まれて何を摂取しているんだろうって思って聞いたら、栗だよって教えてくれたので、わたしも買って食べています」と“菜々緒愛”を熱弁していた。