松本穂香・奈緒、『みをつくし料理帖』で印象的だった料理は?

視聴回数529,182

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

女優の松本穂香が7日、東京・神田明神で行われた映画『みをつくし料理帖』大ヒット祈願祭に奈緒、角川春樹監督とともに来場し、松本と奈緒が、角川監督から「驚くべき演技力」と絶賛される一幕があった。
高田郁のベストセラー小説シリーズを、伝説のプロデューサー・角川春樹の“生涯最後の監督作”として映画化した本作は、幼いころに両親を亡くした料理人・澪(松本)が、さまざまな苦難を乗り越え人生を切り拓くさまを描き出すヒューマンドラマ。この日のイベントは、映画の舞台となった千代田区にある神田明神で執り行われた。
また、女優発掘に定評のある角川監督は、ことあるごとに「この2人は大女優になる」と太鼓判を押し続けてきた。角川監督が発掘してきた薬師丸ひろ子、渡辺典子といった、本作に出演している女優陣の若き日と比べて2人はどうか? という質問を受けた角川監督は「演技力に関してはちょうどデビューだったこともあって、(薬師丸と渡辺は)演技というよりも資質が前面に出ていた感じですが、今回の2人は演技力、表現力、そしてなにより台本の読解力がずぬけていますね。2人はすでに完成されていて、驚くべき演技力でした」とあらためて絶賛。「成長した2人で映画を作るとしたら」という質問に、「やはり『みをつくし料理帖』のパート2であります」と続編に意欲を見せるひと幕もあった。
さらに、劇中では、江戸と大坂の味のギャップに澪が悩むところが描かれているが、それを踏まえ、「東京の味でギャップを感じたことがあるか?」という質問も。大阪出身の松本が「わたしが変かもしれないですが、いまだに感じていない。あまり敏感じゃないのかもしれないけど、東京にも美味しいものがたくさんあるなという感じで」と笑顔で回答すると、福岡出身の奈緒も「最初に上京したときは一人暮らしをしていまして。お料理をした時に実家の味と違うものができて、お醤油が違うことに気付きました。九州はお醤油が甘いので。いまは母と暮らしているので、九州の料理を作っています」と付け加えていた。
〜見どころ〜
高田郁のベストセラー小説「みをつくし料理帖」シリーズを、プロデューサーとして数々のヒット作を送り出してきた角川春樹がメガホンを取り映画化。幼いころに両親を亡くした料理人が、さまざまな苦難を乗り越え人生を切り拓く。ヒロインを『わたしは光をにぎっている』などの松本穂香、その幼なじみを『ハルカの陶』などの奈緒が演じるほか、若村麻由美、浅野温子、藤井隆、石坂浩二、中村獅童らが共演する。
〜あらすじ〜
享和2年の大坂。8歳の澪と野江は仲のいい幼なじみだったが、大洪水に襲われ離れ離れになってしまう。大洪水で両親を亡くした澪(松本穂香)は江戸のそば処「つる家」の店主・種市(石坂浩二)に助けられ、その後、料理人として働いていた。大坂と江戸の味の違いに戸惑い試行錯誤した末に店の看板料理を生み出し、江戸中の評判になる。
劇場公開日:2020年10月16日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024488
公式サイト:http://miotsukushi-movie.jp/
(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会