大島優子、大沢たかおの演技にときめき!「心がキュンとした」

視聴回数815,876

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

寺田心が15日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8月13日公開)の完成披露試写会に出席し、杉咲花ら本作の共演者との撮影を振り返った。
本作は、過去に「妖怪三部作」として製作され、2005年には神木隆之介主演で映画化された『妖怪大戦争』に続く冒険ファンタジー。妖怪ハンターの血を引く主人公・渡辺ケイ(寺田)が、世界の存亡をかけたバトルに身を投じる姿を描く。壇上には主演の寺田ほか、共演者の杉咲、大沢たかお、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、監督の三池崇史も登壇した。
寺田は共演者との再会に「懐かしいし、撮影していたときの気持ちに戻ります。不思議な気持ち。撮影中、杉咲さんは家族のように、お姉ちゃんのように仲良くしていただいたのを覚えています。とても優しかったです」と感慨深げ。今回初めてワイヤーアクションも経験したそうで「地面に足をつかないでアクションをするのは難しかったけど、超人になれたような気がしました」とうれしそうに述べ、「特殊メイクなども細部にこだわりがあってすごかったです」と目を輝かせて撮影時のエピソードを披露した。
ケイを取り巻く妖怪を演じた杉咲は「常にお面をかぶっての撮影。普段より狭まった視界でアクションをするのは難しかったです。メイクも3、4時間くらいかかりました」と懐かしげに撮影を振り返る。同じく妖怪役の大沢も「メイクから何から何まで大変でした。妖怪を演じたことがなかったので楽しく演じさせてもらいました」とにっこり。
そんな大沢ふんする隠神刑部に思いを寄せる雪女役の大島は、大沢について「バイクで登場するのですが、ジャンプしながら乗る人は初めてだったので、雪女としてではなく大島優子としても心がキュンとなる撮影でした。メイクをしていたので、今日は(大沢さんの)素顔を見れてすごくうれしい」と役さながら大沢にときめいていたとのこと。大沢も「メイクでお互いの顔を見ることがなかったので、今日はなんか恥ずかしくて」と照れ臭そうに話した。
最後は出演者で誰が一番妖怪っぽいかとの質問も飛び出す一幕も。寺田は「三池監督」と即答すると、大沢も「見た目からすごく妖怪」と同調して会場を笑わせた。一方、杉咲は「心くん」と述べ、「ご飯が好きでテンションが上がって楽しそうな顔をしている。一度心くんと赤楚くんと餃子を食べに行ったのですが、食べることにとっても無邪気でピュアだなって」と笑顔でコメント。赤楚も「妖怪は心くん」と即答して「中学時代、僕はこんな受け答えはできなかった。そういう意味でも妖怪」と話して、寺田を照れさせた。
〜見どころ〜
過去に「妖怪三部作」として製作され、2005年には神木隆之介主演で映画化された『妖怪大戦争』に続く冒険ファンタジー。妖怪ハンターの血を引く主人公が、世界の存亡をかけたバトルに身を投じる。前作でも監督を務めた三池崇史がメガホンを取り、『ばあばは、だいじょうぶ』などの寺田心が主演を務め、『青くて痛くて脆い』などの杉咲花、『AI崩壊』などの大沢たかお、『ビジランテ』などの大森南朋、『百円の恋』などの安藤サクラらが共演する。
〜あらすじ〜
大地溝帯・フォッサマグナから発生した妖怪獣たちが東京に襲来し、世界は危機に直面する。日本の妖怪のリーダー格であるぬらりひょん(大森南朋)は、この危機を回避するために伝説の大魔神を目覚めさせて妖怪獣たちと戦わせることを思いつく。そしてその能力を持つ、いにしえの妖怪ハンター・渡辺綱の末裔である少年・渡辺ケイ(寺田心)に目をつける。
劇場公開:2021年8月13日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025610
公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/
(C) 2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ