「まえだまえだ」弟・前田旺志郎、アドリブシーンの撮影でスベり「変な汗かいた」

視聴回数792,505

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

女優の石川瑠華と俳優の青木柚が20日、都内で行われた映画『うみべの女の子』の初日舞台あいさつに登壇し、本作の共演を振り返った。
浅野いにおのマンガを原作とした本作は、思春期の男女の恋と性を描いた青春ドラマ。海辺の街で暮らす中学生の少女と少年が興味本位で体の関係を持ったことから物語が動き出す。この日のイベントには共演者の前田旺志郎、中田青渚、本作のメガホンを取ったウエダアツシ監督も登壇した。
ヒロインの小梅を演じた石川は、「小梅は原作を読んでみても、よくわからないような女の子。でも女の子特有のずるさや甘えがあって、それは自分の中でも見覚えのある感情。そこを理解しながら演じました」と撮影を回顧した。
小梅と接近する同級生の磯辺を演じた青木は、石川が現場で小梅になりきっていたことを紹介。青木が「あんまりこういう作品だから(二人で)撮影中こういう距離感でいようとか、喋らないでとかはなかった。でも、(作品や役に対する)共通認識が自分たちの中にあって、石川さんが小梅さんとしてあろうという意識を持ってやっているのを見て、僕もそれに甘えて演じることができた」と語ると、石川は「甘えたのはわたし。磯辺を見て、これならわたしを抹消して小梅でいられるって思った」と嬉しそうな表情を見せた。
撮影中、石川は「現場で高崎かなみさんが本当に可愛くて。青木さんに高崎さんとのシーンの後、『どうだった?』って聞いたら、『可愛かった』って。わたし小梅になりきっていたからヤキモチ焼いてしまって……」と役になりきるあまり嫉妬の感情が生まれたことを告白。これに青木は「だって可愛かったから……」と照れ笑いだったが、石川は「完璧な小梅の敗北だったなって思いました」と話して会場を笑わせた。
また、青木は「磯辺っていう少年はいろんなことに敏感で繊細。ずっと心の中でいろんなものが渦巻いている少年。しっかりと気を抜かずにやらないとと思っていました」と撮影時の心境を述べる。撮影前のリハーサルでは、前田ら同世代の共演者たちと対面し、「同じ年くらいのメンバーでコミュニケーションをとって、仲良くなれそうって、一人で結構友達できたくらいに思っていたんです。でも、あとで聞いたらそう思っていたのは俺だけだったんです。俺が喋りすぎて周りが引いてしまっていたって……」と当初意気込みすぎていたそう。前田も「なんか変なテンションだったよね。柚ってどういう子なんやろって思っていた」と話して青木を照れさせていた。
〜見どころ〜
映画化もされた『ソラニン』などで知られる浅野いにおのコミックを原作に、思春期の男女の恋と性を描いた青春ドラマ。海辺の街で暮らす中学生の少女と少年が興味本位で体の関係を持つ。監督は『リュウグウノツカイ』『天使のいる図書館』などのウエダアツシ。主人公の中学生を『イソップの思うツボ』などの石川瑠華と『サクリファイス』などの青木柚が演じるほか、前田旺志郎、中田青渚、村上淳などが共演する。
〜あらすじ〜
海辺の小さな街に暮らす中学生の小梅(石川瑠華)は失恋のショックで、以前告白された同級生の磯辺(青木柚)と関係を持つ。何度も体を重ねるようになり、小梅は磯辺に恋心を抱くようになるが、小梅に好意を寄せていたはずの磯辺は関係を終わらせようとする。そして、磯辺はかつていじめを苦に自殺した兄への気持ちが高じて、ある行動を起こす。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0026173
公式サイト:https://umibe-girl.jp/
(C) 浅野いにお/太田出版・2021『うみべの女の子』製作委員会