田中圭、土屋太鳳からの“いい人エピソード”に「おかしな事になる気がした」

視聴回数723,005

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

俳優の田中圭が5日、都内で行われた映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(5月7日公開)の完成披露イベントに登壇。スキージャンプ団体の長野五輪金メダリスト・原田雅彦から金メダルをかけてもらうサプライズに「ぐっと来ちゃいました」と感動の面持ちを見せた。この日は、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒、飯塚健監督、田中演じる主人公のモデルとなったテストジャンパー・西方仁也も来場した。
コロナ禍により公開が約1年延期された本作について、西方役で主演を務めた田中は「ワクワクした気持ちと観てもらいたい気持ちで、楽しい1年をプレゼントしてもらった」と、ポジティブな一面をのぞかせつつ現在の心境を吐露。
一方、撮影中はナーバスにもなっていた様子。というのも、実在の人物がモデルのキャラクターを演じる場合、「観てくださる皆さまや作品全体のことは考えるんですけど、ご本人から嫌だなと思われるのが一番嫌」と思っているためで、「脚本は西方さんの気持ちをどれだけ正確に書いているんだろうと思った」と回顧。特に、西方が仲間に「落ちろ」と願う劇中シーンについて、「西方さんが思うわけがない」と悩んだそう。しかし、西方と対面した際「もちろん声に出さないけど、似たようなことを思っていたよ」と言われたそうで、「(撮影の)最初に会って(聞いて)おけばよかった」とぶっちゃけて笑いを誘った。
そんな田中に対し、西方は「正確に細かく演じていただいて、わたしの気持ちが言葉になって、画像(映像)になって、みなさんにお伝えすることができて感謝しています。ありがとうございました」とねぎらった。
フォトセッションでは、原田が持参した金メダルを田中にかけるサプライズがあり、田中は「ぐっと来ちゃいました。撮影の時にも持たせていただいたんですけど、何度見ても、何度触らせていただいても重いですね」と感激していた。
本作は、1998年の長野オリンピックで、スキージャンプラージヒル団体金メダルに輝いた日本代表の舞台裏を描くドラマ。代表選手を支えた25名のテストジャンパーたち、彼らを支えた家族や関係者たちを追う。
〜見どころ〜
1998年の長野オリンピックで、スキージャンプラージヒル団体金メダルに輝いた日本代表の活躍の舞台裏を描くドラマ。選手を支えた25名のテストジャンパーたちの物語をつづる。ドラマ「あなたの番です」などの田中圭が主演し、『ライヴ』などの山田裕貴らが共演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズなどの飯塚健監督がメガホンを取る。
〜あらすじ〜
1998年の長野オリンピック。スキージャンプ元日本代表の西方仁也(田中圭)は、ラージヒル団体で金メダルを狙う日本スキージャンプチームのエース原田雅彦のジャンプを見つめていた。西方と原田は前回のリレハンメルオリンピックに代表選手として参加し、ラージヒル団体では金メダルまであと少しだったが、原田のジャンプ失敗により銀メダルで大会を終えていた。西方は4年後の長野オリンピックを目指すが、腰の故障で代表を逃す。
劇場公開:2021年5月7日
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024792
公式サイト:https://hinomaru-soul.jp/
(C) 2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会