中条あやみ、室伏広治から運動能力を絶賛され感激「その言葉だけで映画は金メダルです」

視聴回数741,004

※ 視聴回数について

シネマトゥデイ

『水上のフライト』の舞台あいさつが第33回東京国際映画祭で行われ、中条あやみ、小澤征悦、兼重淳監督、そしてスポーツ庁長官・室伏広治が登壇した。
〜見どころ〜
事故で車椅子生活になった走り高跳びの選手が、パラカヌーと出会い再起する姿を描いた人間ドラマ。『超高速!参勤交代』シリーズなどの脚本家・土橋章宏が、リオデジャネイロパラリンピックのカヌー日本代表・瀬立モニカ選手との交流を通じて作り上げたオリジナルストーリーで、『キセキ -あの日のソビト-』などの兼重淳がメガホンを取った。『覆面系ノイズ』などの中条あやみがヒロインにふんし、『羊とオオカミの恋と殺人』などの杉野遥亮をはじめ、大塚寧々、小澤征悦らが共演した。
〜あらすじ〜
将来性の高い走り高跳び選手として活躍し負け知らずだった遥(中条あやみ)は、ある日、不慮の事故に遭遇する。命は取り留めたが下半身はまひし、将来の夢を断たれた遥は心を閉ざし自暴自棄になってしまう。しかし周囲の人々に支えられ、パラカヌーという競技に出会った彼女は、新たな夢を見つける。
映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024502
公式サイト:https://suijo-movie.jp/
(C) 2020 映画「水上のフライト」製作委員会