世界一大きいたい焼き 縁起物としても人気

視聴回数1,625,520

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c) Nippon News Network(NNN)

日テレNEWS24

“世界一大きい”と銘打った、たい焼きが静岡市で売られている。大きいので「めでタイ」と、縁起物としても人気を集めている。
作り方は、60センチ×90センチの鉄板に勢いよく生地を流し込み、型全体に薄くのばす。そこにあんこを投入する。約1.5キロをすみずみまで敷き詰めたら、上からあんこが隠れるまで生地で覆う。鉄板を閉じたら、火が全体に通るように何度もひっくり返しながら、完成までにかかった時間は30分ほどだ。重さ3キロにもなるたい焼きができた。一般的なたい焼きの約30個分という“世界一大きいたい焼き”。尻尾の先まであんこがぎっしり詰まっている。
静岡の市街から少し離れた場所で、お店を構えているたい焼き店。お客さんに足を運んでもらうにはどうしたらいいかと考え、当時、53センチで世界一をうたっていた店より、大きいたい焼きを作ることにした。
丸子峠大鯛焼き・池田雅一店長「どうせならそこを超えたい。世界一大きいたい焼きをつくろうと」
“めで鯛”と、縁起物として、大人数で集まる祝いの席にと注文が入ることが多く、年間800個ほど売れるという。値段は4000円。小さめの16センチと26センチのたい焼きも販売している。