レチェフェリータ | kurashiru[クラシル]

視聴回数165,872

※ 視聴回数について

kurashiru[クラシル]

スペインの修道院のお菓子レチェフェリータのご紹介です。牛乳をしっかりと練り冷やし固めて油で揚げる揚げミルクです。甘く濃厚な味わいでとてもおいしいですよ。練るのに根気はいりますがぜひ挑戦してみてくださいね。
【材料】 24個分
牛乳          250ml
卵黄(Mサイズ)    2個
グラニュー糖      50g
無塩バター       30g
薄力粉         30g
レモンの皮       1/2個分
----- 衣 -----
薄力粉         大さじ1
溶き卵(Mサイズ)   1個分
揚げ油         適量
粉糖          大さじ2
シナモンパウダー    大さじ1
【手順】
レモンの皮はすりおろしておきます。
1. ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れ泡立て器で混ぜ合わせます。
2. 鍋に無塩バターを入れ弱火で溶かしたら、薄力粉を加え泡立て器で混ぜ合わせます。
3. 粉っぽさがなくなったら弱火のまま少しずつ牛乳を加え都度よく混ぜ合わせなめらかになったら火から下ろします。
4. 1、レモンの皮を加えて混ぜ合わせたら再び弱火で加熱します。
5. 耐熱性ゴムベラで混ぜながら10分ほど加熱し、もったりとし硬さが出たら火から下ろしバットに入れ粗熱を取ったらラップをし冷蔵庫で固まるまで1時間ほど冷やし固めます。
6. しっかり固まったらバットから出し24等分に切り薄力粉、溶き卵の順に衣付けをします。
7. 鍋の底から3cmの高さに揚げ油を注ぎ170℃に加熱したら6を入れ、きつね色になるまで2分ほど揚げたら油切りをします。
8. バットに粉糖、シナモンパウダーを入れ混ぜ合わせ7を絡め、器に盛り付けて完成です。
節約レシピや簡単レシピは『クラシル』で検索!
https://www.kurashiru.com/